crashdat.stkファイルが肥大化する

Windows

crashdat.stkファイルが肥大化する

投稿記事by k.tatsu » 8月 18th, 2009, 12:35 pm

お世話になります。
以下の環境でOpenOffice.orgを利用しています。
OS:Windows2003Server R2 Enterprise Edidion。
環境:ActiveDirectory(移動ユーザプロファイル)を利用したシンクライアント環境。
OpenOfficeバージョン:2.3.1。

<問題事項>
発生頻度としては低いのでのですが、ユーザプロファイル内の
「\\user\Application Data\OpenOffice.org2\user\crashdata\crashdat.stk」
ファイルが肥大化(10GB程度)するケースが発生しています。

発生時の状況としては、作成済みのWriterを起動しようとしたが起動出来ず、反応が無いため、シンクライアントのセッションを強制終了した。
その後、利用していたユーザプロファイル内のファイルが肥大化していた。
といった状況でした。

どういった原因で、本事象が発生するのか、またどうすれば発生しなくなるのか対策はありますでしょうか。

宜しくご回答頂けます様お願いします。
OpenOffice2.3
Windows2003Server
k.tatsu
 
記事: 1
登録日時: 8月 18th, 2009, 12:22 pm

Return to Windows

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[3人]